So-net無料ブログ作成
検索選択
FX
ハライチ ブログトップ

ハライチって?(8) [ハライチ]

ハライチって?(8)

この漫才のスタイルは岩井が夢の中でネタが浮かんだことから生まれた。
元々は序盤に普通の漫才をやり最後だけノリボケをやるという構成だったが、2008年M-1グランプリの一回戦で「制限時間が2分と短いから全部いっちゃおうか」と提案され、それを実行してウケたことからその後も終始ノリボケで通すようになった。
(wikipediaより抜粋)




nice!(0) 

ハライチって?(7) [ハライチ]

ハライチって?(7)

岩井のセリフは出番前に急に思いつきネタに挿入するときがある。アドリブで岩井がかなり長時間次のボケを言わずに澤部にノリボケをやらせ続けることもある。

なお、ネタが最終的に「○○なヤーツ」に帰着する場合が多いため、トークなどで引用されることがある。(例えば澤部のTシャツを「アラスカのヤーツ」など)

(wikipediaより抜粋)


nice!(0) 

ハライチって?(6) [ハライチ]

ハライチって?(6)

澤部自身は「壮大なノリツッコミ」であると自負しているが、ネタでは冒頭と最後を除くとツッコミらしいセリフがほとんどないため、岩井がフリ役で澤部がボケ役と捉えられることも多い。
すぐにツッコミに入らない澤部の芸風はよくさまぁ〜ずの三村マサカズと比較される。
(wikipediaより抜粋)

「さまぁ〜ずの三村マサカズ・・・」 モヤモヤしてて、イイですね。
 楽天

nice!(0)  トラックバック(0) 

ハライチって?(5) [ハライチ]

ハライチって?(5)

ネタ時間の尺が長い場合は、最後に澤部がつっこんだ後に、澤部が岩井に本当に最初のテーマに興味があるのか問い詰め、岩井が「そこまでじゃない」と言って締めるなどのパターンがある。
(wikipediaより抜粋)



タグ:ハライチ
nice!(0)  トラックバック(0) 

ハライチって?(4) [ハライチ]

ハライチって?(4)

「ノリボケ漫才」を自称する芸があり、岩井のボケに澤部がついて行くという形をとる。
語呂合わせのような形で言葉をつなげていくが、そのうちに最初のテーマから段々外れていき、最後には全く関係のない言葉になっている。
そのため、最後に澤部が「関係無くなっちゃった!!」と言ってネタを終える形をとる。

(wikipediaより抜粋)


 楽天



ハライチって?(3) [ハライチ]

ハライチって?(3)

M-1グランプリでは、2005年に初出場し3回戦まで進出。その後2006年、2007年と1回戦で敗退。しかし2008年では準決勝まで進出の躍進を見せ、敗者復活戦にも出場。翌2009年には初の決勝進出を果たし5位になった。ちなみに、決勝のネタ直後のインタビューで岩井は「あまり緊張しなかったです。多分笑い飯さんが優勝なので」と発言したせいで、テレビ関係者から説教を受けたらしい。翌年も2年連続の決勝進出を果たすも、7位に終わった。ただし、4位のピースまでの差はわずか9点で、接戦であった。なお、2009年に獲得した628点、2010年に獲得した620点はそれぞれファーストラウンド5位、7位のコンビが獲得した得点としては最も高い点数である。

(wikipediaより抜粋)


 楽天



ハライチって?(2) [ハライチ]

ハライチって?(2)

2人は幼稚園児時代からの幼馴染み。

中学3年生の頃にはこの2人に、もう1人仲良しのメンバーを加えた3人組を結成、そのもう1人は最初お笑い活動に乗り気だったというが、高校2年生の頃に「やっぱり大学進学する」と言って脱退。

2005年1月には現在のコンビでお笑い活動を開始、同年3月にワタナベコメディスクールの『お笑いメジャーリーグ』に出場し、決勝の高校生部の3組に残り(のち1組は橋本まさをだった)、グランプリを受賞、2期生として特待生入学

2006年3月にワタナベコメディスクールを卒業、同年4月からワタナベエンターテイメント所属となる。

(wikipediaより抜粋)


ハライチって? [ハライチ]

ハライチは、ワタナベエンターテインメント所属のお笑いコンビ。

メンバーは埼玉県上尾市出身。コンビ名は、上尾市内の地名「原市」から採った。


(wikipediaより抜粋)
nice!(0)  トラックバック(0) 
ハライチ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。